食べ物とO脚の関係

食べ物はO脚と関係ないと思っていませんか?
現代は、飽食の時代という事もあり、食べたいと思えば何でも食べることが出来ますが、一見何不自由のない生活が返って健康を損なう原因にもなっています。

 

 

いくら健康やO脚のを治す為に、カルシウム剤などのサプリを摂っていたとしても、糖分を必要以上に過剰に摂取し続ければ、糖分を分解するためにカルシウムが使われ、せっかくとったカルシウムが不足して、O脚が治るどころか酷くなるばかりです。

 

 

また、カルシウムが不足すると、精神衛生上もよくなく、イライラや集中力が散漫になったりしてきます。
そして、私たちは普段からO脚に悪い食べ物を口にしています。

 

 

例えば、その代表と言えるのが白砂糖です。これはお菓子やパンなどにもまぶしてある粉砂糖や、コーヒーに入れるグラニュー糖なども含みます。

 

 

その他にも、意外と思われるかもしれませんが、私たち日本人が主食にしている白米も良くありません。これらに共通しているのは色が白い糖質が多く含んでいる食べ物ということです。
ですので、通常良く食べている白パンなどもよくありません。

 

 

これらの白い食べ物中心の食事は、タンパク質やミネラルが不足しまいがちになるんですね。
タンパク質は体を作る上で欠かせない栄養素ですし、ミネラルのカルシウム、ナトリウム、鉄、カリウム、リン、亜鉛などが不足してしまうと、体の機能がとたんに狂ってくるものです。

 

 

では、これらの代わりに何を食べればいいのでしょうか?白砂糖の変わりは黒砂糖、白米の変わりは玄米、白パンの変わりは、小麦ではなくライ麦を原料にしている黒パンにすると良いでしょう。これらは栄養がとても豊富です。

 

 

私たちが、普段食べている白米のご飯は、米の栄養である胚芽を削り落とした残りかすのようなもので、カロリーはあっても、栄養が殆どありません。

 

 

また、朝食でパンを食べるご家庭も多いと思いますが、食パンや菓子パンではなく、黒パンにすればしっかり朝から栄養がとれますね。

 

 

人間の体は、多くの様々な栄養が十分摂れていることで、始めて正常に機能します。栄養が偏っていれば、いっかは修復困難な故障に繋がります。
そうしたことにならない為にも、食生活を見直すことが、しいてはO脚の改善や予防にもなり、絶対に欠かせないものです。

 

 

現代は、レトルト食品やインスタント食品などもあり便利ですが、これらは栄養のバランスがとても悪く、食品添加物も多く含まれているので、出来るだけ食べないよういした方が無難です。
また、整体などで仮にO脚が治せたとしても、栄養のバランスが悪ければ、いずれ元にに戻ってしまうのです。

 

 

したがって、タンパク質、ミネラル、脂質、ビタミン、糖質の五代栄養素をバランス良くとれる食事を摂るようにすることが大切ですので、綺麗な美しい脚の為にも、食生活をあらためて見直してみるようにしましょう。

 

 

O脚を助長する食べ物とは?

 

O脚矯正プログラム福辻式DVDの詳細を見てみる

 

関連ページ

O脚を治す為の靴選び
靴選びは、O脚の防や改善するうえで大切です。 正しい知識を身につけましょう。
O脚を防ぐ&悪化させる立ち方
O脚を防いだり、悪化させも普段の立ち方も影響しています。
O脚になる悪い習慣
O脚になる習慣を知らずに行っていませんか? 日頃から気をつけることも大切です。
睡眠中の姿勢に注意しよう!
睡眠中の姿勢はO脚とに深い関係があります。