O脚と生活習慣との関係

O脚は生活習慣と密接な関係があり、見直すことで予防や改善に繋がります。

O脚と生活習慣との関係記事一覧

あなたはO脚を治す為の正しい靴選びをご存じですか?毎日履く靴だけに、自分にあった靴を履くだけでO脚の予防や改善にも繋がります。また、靴を見ればO脚がどうか今の状態も分かります。通常は、少しずつ靴底の全体が減っていきますが、O脚の人は外側が特にすり減っているものです。靴を脱いで揃えてみると、外側に傾くようになります。今のあなの靴はどうですか?特に女性に多いのが脚を綺麗に見せたいとハイヒールを履く方が...

あなたは、知らず知らずにO脚になる悪い立ち方をしていませんか?実は、なにげない普段の立ち方が脚のねじれや関節などのズレの原因につながりまずO脚を防ぐ脚に負担のかからない立ち方つま先から膝、踵までぴったりつけて、お腹を引込め、肩は水平にします。そして、膝は開かにようにしながら1時と11時の角度につま先を開き、左右どちらかの踵が隠れるくらいに脚を前後にします。この時に重心は後ろにある脚に多めにかけます...

食べ物はO脚と関係ないと思っていませんか?現代は、飽食の時代という事もあり、食べたいと思えば何でも食べることが出来ますが、一見何不自由のない生活が返って健康を損なう原因にもなっています。いくら健康やO脚のを治す為に、カルシウム剤などのサプリを摂っていたとしても、糖分を必要以上に過剰に摂取し続ければ、糖分を分解するためにカルシウムが使われ、せっかくとったカルシウムが不足して、O脚が治るどころか酷くな...

O脚は、骨盤が歪むことで起きるので、その原因となる悪い姿勢などが習慣にならないようにすることが大切ですね。そもそも、骨盤が歪むということは左右の腸管の高さや位置がずれてしまっているということです。そして、一般的に言われているのは、男性より女性の方が骨盤が歪みやすいと言われています。女性は、骨盤が生理周期に合せて開いたり閉じたりすると表現されるなど、妊娠し出産を行う為に、それに耐えられるように骨盤が...

O脚を治すなら睡眠中の姿勢に注意することも大切です。睡眠時間は人それぞれで、3〜4時間でも元気で活動する人もいれば、10時間以上寝ないと頭がすっきりしないという人もいますね。そして、睡眠は人生の3分の1と言われ、日本人の平均時間はおよそ6〜7時間で、1日の3分の1から4分の1くらい寝て過ごしています。O脚の解消には立ち方や歩き方、座り方などの日常の姿勢が最も大切ですが、当然、これだけの長い時間を睡...